週刊コラム

【ごとうさえの言技(ことわざ)×事業(ことわざ)】
本当はどんな事業活動をしているか、ご紹介したいんです。
でも…やはりダイレクトには語れません!!
と、いうことで、チアーマンサポートの事業周辺情報&
後藤さえの独り言を、つづらせていただきます。
宜しくお願い申し上げます。

カタキでなくても

2018/07/30 7:49 に Sae Goto が投稿   [ 2018/07/30 7:49 に更新しました ]

 私達が提供するコンサルティング・サービスというのは(もちろん、他のどの商品やサービスもそうでしょうが)、自分もやっていながら本当に販売促進するのが難しいなぁと、感じています。

 理由の一つ目、サービス業の特性の一つですが、「不可分性」があるから。生産し、在庫にしておいて、販売する、ということができず、生産と消費が同時に行なわれるから。企業さんに訪問して相談に応じる、というサービスは、私一人では同時に二社以上提供できません。沢山の引き合いを頂いても、私の時間を24時間以上増やすことができないんです。

 次に、別のサービス業特性の一つ、「品質の変動性」。同じように教育を受けて、マニュアル通りにコンサルティングをしても、「あの人の説明は分りやすいが、この人の説明はどうも…」というように、二人以上になると、なかなかサービスの均質を保てません。それならいっそ、美容院やマッサージ屋さんでそうされるところもあるように、担当者にグレードを付けて金額を変えたり、指名料をもらったりすることで「初めから個性あります」と断ってしまう、というのも一つの方法ですね。

 さらに難しいのが無形であること。「なにそれ?美味しいの?」と、サービスのイメージを描きにくい、さらに100円や200円では買えない価格帯にも難しさがあります。でも、難しい、難しいといっていないで、選ばれて、金額も相談していただいた上で受注を獲得できるようになりたいです。そのためには…経営が平常状態でも、必要とされるぐらいのコンサル実力をつけないといけない、ということなのかなぁと思うようになりました。

 「臥薪嘗胆:ウォ・シン・チャン・ダン」、日本語でも「がしんしょうたん」と言いますよね。カタキを取るという目標達成のために、過酷な忍耐を続ける、ということ。このことわざの目的、ちょっと激しいですが、私はカタキという目的でなくても、ハングリーでなくても、地道にコツコツ努力を積み上げ、コンサルスキルを挙げて行ければなぁ、そういうサービスを提供できるようになれればなぁ~なんて、考えています♬

卧薪尝胆 [wo4 xin1 chang2 dan3]

松竹梅

2018/07/23 7:53 に Sae Goto が投稿

 あまりに暑い日が続くので、少し寒い言葉を選んでみました。
「歳寒三友(スイ・ハン・サン・ヨウ)」…三つの友とは、「松竹梅」、一年の寒いときにも枯れずに根を張って生き抜く松竹梅のことを、お友達に見立て、寒い辛いときを友に過ごした友達、と言う意味にもなるようです。

 大体中小企業診断士になりたい!と思った人間は、困った企業・人を助けたい!という気持ちが強かったのだと思います。私もそうでした。しかし、困っていたとしてもなかなか「困っています」「助けてください」と声を上げる企業さんは少なくて、ニーズの掘り起こし、クライアント開拓も、診断士的シゴトとして、なかなか取れるモノではない、と実感している今日この頃です。

 そもそも、困ったときに弱みを見せられる間柄でいるかどうか、ということもポイントですよね。上から目線でアドバイスばかりを槍のように投げつけられたら…やる気も起こりません。また、質問攻めもなんだか悪いことをした人間のようで、ちょっと切ない気持ちになりますよね。厳しい言葉もありながら、じっくり不安や不満を聞いてもらえる、そして秘密はしっかり守る、というような基本的な安心感や信頼がないと、私達の「商品価値」は確保できません。また、よく診断士のことを「先生」と呼ぶ人もおられますが、私は「○○さん」と呼んでいただいています。あくまで「トレーナー」だと思っているからです。互いにパートナーでいること、私もいつか、助けてもらう側になるかも知れない間柄、でいるほうが、互いに尊敬しあえて、長く関係を保てるような気がします。

 そう、困ったときに助けれもらった「先生」ではなくて、困ったときを友に耐えたり、励まし合ったりしながら過ごしてきた「友達」でいられれば。今なら暑さにも耐えないといけないのかも知れませんが、自分の立ち位置、クライアントさんとの距離感や関係性、これもリードする私達の方から、率先して「イーブンだよ!」とアピールし、「松竹梅」の関係でいられるよう、努力していたいですね。みなさんも寒さ・暑さに耐えられるよう、がんばりましょう!

岁寒三友 [sui4 han2 san1 you3]

汗馬の労

2018/07/09 8:03 に Sae Goto が投稿

 今日は、私が選んだのではなく、父が私に送ってきた手紙の中に書かれていた、四字成語をご紹介。「汗馬之労:ハン・マー・ジー・ラオ」、馬が汗をかいて働いている、ということから、あくせくとあちこち走り回る苦労のこと。毎日確かに私も動き回っていますが、なんとかその中でも効果をあげていきたい、今日この頃です。

 それにしても、今日も企業さんへの派遣で初めての会社さんにお邪魔しましたが、前向きで時代の先を目標に置かれる社長さんは、常に動き回っておられます。時に、社員から見たら、「なんじゃあれは?」「そんなにアチコチいっても仕方ないでしょ」と言う風に映ります。でも、100%成功することだけをやっていては、100%の確証がえられるまで時間がかかりすぎて、時代遅れになってしまうでしょう。それよりも、常にアンテナを張って、精力的にあちこち動き回り、いろんな人の話を聞く中で、自分の立ち位置、新しい展開を考えていく…これが「イノベーションン」なんだと思います。

 一挙に暑くなった今日この頃、動き回って汗をかいたら、どうぞ水分補給をお忘れなく。できるときに、やれることをみつけられるよう、がんがん走り回りましょう!

汗马之劳 [han4 ma3 zhi1 lao2]

一秒一刻

2018/07/03 8:17 に Sae Goto が投稿

 日本語でも「一秒一刻を争う」と言いますが、それに当たる中国語がこれ。「争分奪秒:ジェン・フェン・ドゥオ・ミィアオ」。文字通り訳すと、分を争い、秒を奪う。とてもワイルドな感じで急いでいるようですね。一分でも、一秒でももったいない!!そのぐらい何かの状態が深刻だ、とうことなんでしょう。

 しかし、現代を生きる私達は、別の意味で分や秒を争っている気がします。事態が深刻で、早く手を打たないいけないような「争分奪秒」ではなく、とにかく手が足りない。マルチな役割を期待される、そこで赤ちゃんを育てる母親のように、分刻み、秒刻みで次々とタスクをこなしていかないと、すぐに夜が来て、へとへとになって寝てしまう…でも夜中も何度も起きないといけない…といった感じでしょうか…。

 ここからは、自分への戒めですが、忙しくて分刻みの生活をしていると、三つ悪いことが考えられます。(もっとあるかも知れないけど、とりあえず、三つ)

  • 一つ目は、失敗やミスの増加です。慌てているので、見直ししない、できない。だから間違えやすい。その結果トラブルが起こっても気づかず、事が大きくなってから初めて知り、その後始末で勿体ないコストが…。
  • 二つ目は、自己研鑽時間の減少・消滅。仕事のためのお稽古事や体力づくりの時間はリフレッシュでもあり、必要な時間。そこも頑張って仕事してしまうと、自身のイノベーションができなくなってしまう。
  • 最後に、ゆっくり考える時間がなく、作業で終わってしまう、ということ。まずパパッとできることからやってしまうので、熟考が必要な仕事は後回し。ロボットやITに任せれば良い仕事を人が喜々としてやっているようでは、効率もちっとも上がらないですね。

 事務コストを如何に下げて、次の投資に回せる資金を蓄え、チャレンジを行なうのか。新しいチャレンジは体力もインスピレーションも必要です。日頃からカラダを鍛えて、ちょっとのストレスや失敗にもめげないココロとカラダを持ち続けたいですね。そうすれば…分や秒と正々堂々と戦えるかも!!

争分夺秒 [zheng1 fen1 duo2 miao3]

腹の中で舌を出す

2018/06/25 5:23 に Sae Goto が投稿

 経営者と従業員、雇う側と雇われる側。それぞれに望むところが違うので、互いの言い分が平行線のときも少なくありません。とはいえ、同じ一つの組織の中で、ひとつの目標に向かっていくのですから、それなりに仲良く、良い関係を保っていたいものですよね。そういった仕事に対する意識のギャップを埋めたり、埋まらなくても他方の言い分を納得したりするのに何が大切かというと…コミュニケーションに他なりません。私はできるだけ、経営者だけでなく、従業員の皆さんとも会話を行うよう、心がけています。そうすることで、そのギャップの有無・大きさ、ギャップの種類や対処法が見えてくるからです。

 「従業員にはもっと積極的に発言して、会社のために何が大切か提案してほしい!!」という経営者さんの下では、往々にして従業員は黙ってしまうものです。なぜなら(あくまで多くのケース、です)口に出して提案したり主張したりすることが当たり前と思っている、または当たり前でなくても主張することに苦痛やストレスを感じない経営者にとっては、思ったことを発信できない従業員については「なんで発信できないの?思っていること、あるでしょ??」と、ちょっと信じられないからです。そんな考えなので、おとなしく発生機会の少ない社員さんたちは「どうせ私はだめだ」「社長だけが勝手にやってる」という思いになっていくのでしょう。また、どうせ発言しても、社長の意見にまとめられてしまう…とおもっていては、「人前で話す」というリスクを冒してまで自分の意見を言おうという気にはなれず、仕事はいつも余裕ない…そん状態になってしまうのです。

 業務がよくなる、会社が良くなる大きなポイントは、やはりコミュニケーション!意識改革も、業務改革も、会社組織全体で取り組む問題。言葉にだすことで、「思考」のプロセスに到着し、計画も一緒に考えていけるのです。最近ある会社さんから「どうせ言っても何も変わらないから、(キャプテンや首脳陣に違う意見を)言わない」という意見もありました。「口是心非:コウ・シー・シン・フェイ」口は肯定しているけど、心の中では反対している、腹の中で舌を出している、という意味。小さな組織の中で、言いたいことも言えない雰囲気、経営者の言っていることを「とりあえず」肯定だけしておく文化は、いつか人がいなくなってしまいます。「話し合って妥協点をさぐる」ことを面倒くさがらずに、ぶっちゃけ、やっちゃいましょう!!

口是心非 [kou3 shi4 xin1 fei1]


経験値はほどよく

2018/06/17 23:36 に Sae Goto が投稿

 毎週のこのコラムを選ぶ時間は、私にとっては反省の時間でもあります。今日は特にそんな思い。経営コンサルティングと言う仕事は、傾向や大きなながれ、抑えておくべきポイントというものはありつつも、マニュアル化してしまえるほどの共通性はなく、いや、あったとしてもそれは非常に浅い部分であったりして、全てにおいてカスタマイズが必要です。だからこそ、前向きに捉えれば、コンサルタントの個性が出せるのであり、付加価値の創出ができるお仕事なんだと思います。

 しかし、反省すべきは、そうだと分っていても、心の何処かでまた、プログラミングできてしまうような、定型化やまとめをしてしまうこと。経験を持てば持つほど、企業さんの規模や業種、個性で多様だ、と分っているのに、経験から「こうだろう」と「不必要に」細部まで決めつけてしまうこと。このポイントは「不必要に」ということです!!ある程度経験値からの判断は大事なんですが、経験があるからって、決めてかかってはいけない、そのさじ加減がとても難しい!!今もそう感じています。

 私達がお医者さんにかかるときでもそうですよね。自分が「ここが悪いんじゃないか?」と思っているのに、そこにあまり注目されずに、自分の予想診断と違うことを言われるとき。もちろん私達は医学の専門家ではないので(だからこそお医者さんを信用して診てもらっているのですが)何となく見当違いのことを言われたら、どうやって納得するでしょう。先生が丁寧に診てくださったな、自分の健康に注目して色々聞いて下さったな、と感じられれば、自分の素人予測と違っても「そうなんだ」と思えるでしょうが…最後まで書くのはやめましょうか。

 ということで、今週のことわざは「見風是雨:ジィエン・フォン・シー・ユィー」。風が吹いたのを見ただけで「あ、雨だ!」と決め込むこと。経験値から判断するにも、現在の状況についての十分な情報を入手して、総合して判断することが大切ですね。人が努力して経済活動をされているのを判断するのですから、簡単にできる仕事ではない、ということですよね。前向きに、具体的に、そして完結に。今週も手を抜くことなく、明るく頑張りましょう!!

见风是雨 [jian4 feng1 shi4 yu2]

短期と長期で

2018/06/11 8:20 に Sae Goto が投稿

 泰然自若、「たいぜんじじゃく」と読むのは日本語、中国語では、「タイ・ラン・ズー・ルオ」。意味は同じく、緊張高まるようなときでも、冷静で、泰然としていること。これも、いろんな経営者さんにお会いしている中で、経営者にとって是非身につけておいていただきたいポイントです。もちろん、経営に限らず、ですが、「この人は凄い!」「素晴しい!」と感動する人、というのは、感情の起伏が小さいですよね。いや、正確に言うと、起伏が小さいのは、怒ったり、驚いたり、という表現。逆に喜ぶときや人を褒めるときは、大いに、少し大げさぐらいに身体中を使って表現されます。最近よく聞く「アンガー・マネジメント」能力が高い、ということでしょうか。私は主に二つのポイントを抑えておきたい(自分に対し!!)と思っています。

 一つ目は、一瞬にして燃えさかる心の炎を、まずは抑えること。燃えさかる勢いのままに言葉や態度で表現しないこと。怒りや興奮を抑えることができれば、自分自身も冷静な判断ができます。慌てれば慌てるほど、二次災害が起りがちですよね。問題は起って欲しくなくても起るもの。大事なのは、その対処です。慌てて身の回りを確認しないで火消しに走ると、何かを忘れたり、周りの何かを壊して却って目的地にたどり着けなかったり、不要な代償を払ったりしてしまうことになります。「ピンチ!」と思ったときに、まず一呼吸おけるかどうか、ということ、と~っても難しいですが、社員の生活もかかっている社長さんには是非会得していただきたい能力。

 もう一つは、ピンチの時期が長期化したり、問題解決に時間がかかる場合、イライラせず、そのピンチ環境に我慢しながらいかに解決までの時間をじっと時が来るのを待って過ごすことができるか、ということ。誰でも嫌なことから逃げたいですし、早く笑ったり休んだりしたい。でも、問題はさっさと片付くものばかりではありません。また、商談やどうしても意見が合わない、でも一緒にお仕事をする人との話し合いは、内心イライラが募ることはありますが、そこで逃げてはいけません。相手とのキャッチボールを確実にしながら、冷静に解決または妥協点に向かうこと。

 何事も、短期と長期の取組みが必要ですが、アンガーマネジメント…いや、気持ちコントロールも短期的なピンチ、長期的なストレス両方の対応が必要ですね。そのためには…日頃の訓練!!まずは飲み込む、プラスに考える、笑顔でこたえる!!うん、これで「泰然自若」といきましょう!

泰然自若 [tai4 ran2 zi4 ruo4]

悲喜こもごも

2018/06/04 8:19 に Sae Goto が投稿   [ 2018/06/04 8:19 に更新しました ]

 先週末は、息子の学校の体育祭でした。その前は小学校、今回は中学校と、連続でかなり体力的には消耗しております…が、やはり子供達のがんばりに勇気づけられることがありました。

 中学生といえば…身体も大人に近づき、色んな事が自分でできるようになる反面、まだまだ精神的には子供の部分も残っていて、不安定な時期。ふてくされたり、反抗したりするのもこの時期ですよね。(そして私も通り過ぎてきました…)ところが、先生方の環境創りと日頃の愛情の注ぎ方が素晴しいのでしょう、この学校の子供達はまるで「一生懸命度」を競うかのように、大きな声を張り上げて飛び回って同じ団を応援し、競技に参加するときは思いっきり走り、そして笑いを取る場面ではしっかりジョークに徹する。見ている親たちは、楽しく、頼もしく、本当に感謝の気持で一杯になりました。私も場内外のパトロールをやっていましたが、今年1年生になったご父兄の方も、「こんなに中学生が一生懸命やるもんなんですね。大人みたいなのに、まだまだ可愛いですね。」と仰っていたのが印象に残っています。

 さて、競技もひとつひとつ終えていき、最後の成績発表。一生懸命の成果が数字に表われて喜びがはじける団、一生懸命やったことには変わりないけれど、それが数字という成績には結びつかなかった団、後者のリーダーたちは、泣いていました。泣いてしまうほど、必死に頑張ってきたのかと思うと、こちらももらい泣きしそう。最後の団長が挨拶のときに想いがこみ上げ、言葉につまると、周りが「がんばれー!」と励ます様子も、これまた場内に感動を与え、皆が温かい気持ちになれました。

 日本語でも悲喜こもごもと言いますが、中国語でも「悲喜交加(ベイ・シー・ジィアオ・ジィア)」、頑張る子、喜ぶ子、笑う子、泣く子、励ます子…見ていると、私自身もいろんな気持ちが入り交じり、気持ちの柔軟体操ができたような気分になりました。さて、子供達に負けてはいられません。大人の私達も、結果を出そうと智恵を絞り、鍛錬を積み重ね、でも成果がでないときは悩み、悲しみ…仕事も、表情も、そして気持ちもメリハリ付けて仕事を楽しみましょう!
悲喜交加 [bei1 xi3 jiao1 jia1]

ピーチクパーチク

2018/05/28 7:39 に Sae Goto が投稿

 先週も或る大学スポーツのニュースのことで書きましたが、あれから一週間経っても、まだ毎日のように(別の国際情勢と、政治のニュースも…ですが)続報…というよりは、色んな方の、色んな見解、持論が展開されています。ニュースならともかく、メディアが多様化し、私たちもメディアの一端を担えるようになってからは、中立的な事象ではなく、ときに偏った主張までがアチコチで発信されるようになりました。

 サービスとしての広告なら、広告主が代理店やメディアにお金を払い、自身のイメージ通りにCMや広告を制作・発信させます。これは時に非常に大きい金額となります。しかし、インターネットが出現し、ユーザーも「ソーシャル・メディア」として参加できるようになった今は、「いいね」と言ってもらえたり、友達に拡散してもらうなどの流れを作ることで、安価に情報拡散できるようになりました。でも、その分コントロールは難しいですよね。一長一短です。

 「人の口には戸は立てられぬ」といいますよね。拡散してほしい良い情報はなかなか伝わらないのに、失敗したことや良くないことは、他人の好奇の目を引き、正しく状況を理解したかどうかにかかわらず、ものすごい勢いであちこちに拡散されてしまいます。それも不確実なことも含めて。今日は私はこれが良いとか悪いとかいうつもりはありません。ただ、私たちが商業上、SNSで拡散したり、「いいね」をたくさんもらって販売促進につなげようとしても、意図した内容でない情報の方が、早く伝達してしまうものだ、と心すべきだなぁ、と再確認する今日この頃。

 そして、ユーザーとして発信する側になったとしても、気を付けることは「七嘴八舌(チー・ズイ・バー・シー)」、七つのくちばしと八つの舌でギャーギャー、わいわいがやがやと好きなことを言いまくるのではなく、良い情報を拡散できる方のプチ・メディアとして、成長していきたいですね。

七嘴八舌 [qi1 zui3 ba1 she2]

すぐ行動に!

2018/05/22 8:18 に Sae Goto が投稿

 日本語では「ごちゃごちゃ戯言を言ってないで!」という意味で、「しのごの言うな!」と言いますよね。この「しのごの」は漢字で書くと「四の五の」。中国語にも似たような言葉がありますが、それは「四」でも「五」でもなく「二」。「二話(アール・フアー)」というと、一番目の本質に続く余分な言葉、という意味にでもなるのでしょうか、余計なこと、とう感じですね。今日のことわざは「二話没説(アール・フアー・メイ・シュオ)」、文字通り訳すと、要らないことを言ってないで…という意味。つまりは一度決断したら、あれこれ言ってないでさっさと行動に移す、ということなんですね。

 最近、或る学生スポーツのニュースがメディアを騒がせていますが、今日はそのニュースをテレビで見ながら、このことわざを思い出しました。自分が間違ったことをしたら、誰かに迷惑をかけてしまったら、子供の時ならすぐに謝るよう教えられ、実際そうしてきました。が、大人になればなるほど、子供の時に教えられたはずの、こんなに初歩的なことが、謝るときの恥ずかしさや反応のことを先に考えてしまうようになり、「まず謝る」という行動を起こせなくなっているものですよね。今日テレビで見たスポーツ選手は、気づいたときに「本当はこうすべきなんだ」と、冷静な自分の頭で考えたことをすぐに行動に移された。きっと行動するときには、「こうすることで、もっとマイナスなこともあるかもしれない」と、不安に思われたに違いありません。でも、多くの方がすでにあちこちで発信されているように、私も間違いを犯してからの行動は間違っていないし、大変勇気が必要なことをされたな、と胸になにか、ずしん、としたものを感じました。

 初動を間違ってしまえば、その後は歯車がかみ合わなくなり、マイナスの連鎖が止まらなくなってしまうものです。これは、経営にも言えること。会社組織の運営にあたり、収益を生み続けられる仕組みづくり。これは毎日変わりゆく状況の中で行うので、時には大事な判断に迫られるときや失敗することもあります。その時に、すぐに立ち止まって必要な修正、方向転換をすること、間違いを反省すること、これができれば、また前に向かって進んでいけます。自分自身にもそうで居られるよう、改めて背筋を伸ばした一日でもありました。

二话没说 [er4 hua4 mei3 shuo1]

1-10 of 210