週刊コラム‎ > ‎

バタバタの中に

2016/03/14 0:40 に Sae Goto が投稿   [ 2016/03/14 0:41 に更新しました ]

年度末となり、いつものバタバタに更に輪をかけている今日この頃ですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?急いだり、慌てたりするたびに、注意力が散漫となってミスを犯したり、そのために元々足りない時間を問題解決や原状復帰に無駄に費やしてしまったり…。ただ「忙しい、忙しい」と周りに慌ただしさを振りまいているのは、見た目にもあまり美しいものではありませんね。どんなに忙しくても、どんなに怒りたくても、どんと構えて穏やかに落ち着いて対応したいものだなぁ、と改めて思うことが増えました。

 

しかも、この年になって、改めて実感することがかなり多いですね。若いころ、そうですねぇ、社会人になりたての20代というのは、管理職の方が「偉そうに」見えてしまい、海外からのお客さんを連れて、あちこち通訳や出張に忙しかった私は無知で、悲しきかな、「いいなぁ、管理職は、ゆっくりできて。」と思っておりました。また、こんなに忙しいのに、なんであんなにニコニコしていられるのだろう、と妬ましくも思っていました。今は、その管理職の方々の「ニコニコ」が、大きなプレッシャーや足を引っ張ったり邪魔をしようとする勢力とのストレスと闘いながらも、表に出さない人生経験とトレーニングの賜物だということが分かるようになりました。

 

単純に私が年を重ねたこともありますが、子育てをしていると、子供の純粋な質問にも色々と感じるところがあります。純粋で、これから成長していこう、問題を解決していこうとするエネルギーを、上からの力でかき消してしまうことなく、育て、答えていくということが、どれほど難しいことなのかというもの、日々実感しています。面倒くさいようですが、これを超えていって人は成長できるんでしょうね。

 

どんなに忙しくても、それは自分だけの世界の話。社会の中で生きていくには、他人と話し合ったり、妥協したりしながら協調していかなければいけません。自分だけの忙しさや焦る気持ちを、人にぶつけることなく、一息いれたり体を動かしたりしながらリフレッシュして、いつも優しく人に対応できるような、そんな人を目指したいですね。中国語よりも日本語でよく聞く言葉、「忙中閑あり」、忙しい自分の体ではなくて気持をコントロールして、一段上を目指せるよう、新年度もがんばりましょう!!あ、まだ半月、3月も残っていますね。こちらも時間を大切に!!


忙中有闲 [mang2 zhong1 you3 xian2 ]

Comments