週刊コラム‎ > ‎

本領を発揮できる一年に

2016/09/04 16:58 に Sae Goto が投稿

94日は株式会社チアーマンサポートの設立記念日です。今年でまる3年、新たな4年目が始まりました。「石の上にも三年」と言いますが、この三年間、帰国直後の生活上のゴタゴタ、子育てなどと奮闘しながら、新規顧客開拓や新ビジネスの挑戦を続けて参りました。お陰様で、民間ベースでは経営顧問契約を3件確保、公的支援の専門家派遣も毎週のようにあちこち訪問させていただけるようになり、コンサルティング以外の新規ビジネス創出も、貿易案件、海外展開案件、地域活性化案件もスポットながら受注できるようになりました。本当に色々な方々のご協力、愛情に支えられての三年間でした。この場をお借りいたしましてお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

 さて、ではこの3年の経験を生かして、4年以降はどうするのか?ということですが、実は新しいプロジェクトを始めました。新しいサービスを、ほぼ一人会社の株式会社チアーマンサポートとしてではなく、パートナーの方々とのチームワークを自ら強化することの挑戦です。9月から開始したのはテストであり、本格サービスとしてのローンチは来年1月を予定しておりまして、名前や詳細については、煮詰めていきながら、紹介させていただきますね。ただ、大事にしたいことは、子育てをする中でたくさん得たヒントをもとにしています。例えば、子供に「○○しなさい」と命令すると、「大人はそんなことしないのに、どうして子供はしなきゃいけないの?」と反論され、こちらがタジタジになることがあります。実はコンサルタントも同じ。基本に基づいて、アドバイスしているんですけど、私たちこそ、上手にビジネスできていない、上手にコミュニケーションできていない、ってことが往々にしてあるのです。

 

 そして、もうひとつ、新プロジェクトで大事にしたいことは、色んな立場や条件の方々が、さまざまに、独自性を生かして大活躍できる場を実現することです。あちこちで言われていることですが、ICTの発達で、今ある仕事の○%がなくなる、自動化してしまう、と。そんな状況下、より応用することや、人間しかできないことの価値を上げたり、革新していける力を、企業さまやその従業員さんにつけていただきたい!そんなサービスを準備しています。中国語でも「大顕身手」(ダー・シィエン・シェン・ショウ)とうことばがあり、大いに腕前を見せる、大いに本領を発揮する、ということを意味しています。一人でも、一社でも多く、与えられた場所・環境で、大いに本領を発揮し輝いていただけるような4年目にしたいと思います。それこそが、私の「大顕身手」になることだ、と信じていますから!

大显身手 [da4 xian3 shen1 shou3]


Comments