週刊コラム‎ > ‎

みんな違うから、こそ!

2017/04/09 8:02 に Sae Goto が投稿
 分ってはいても、なかなか実行に移せないこと、この世の中には沢山あります。今日のことわざ、「多くの人が志を同じくして協力すれば大きな事をなすことができる」、「衆志成城(ジョン・ジー・チェン・チェン)」もそうです。一人では何も出来ない、みんなで協力すれば、一人×人数以上のパワーが発揮できる、と分っていても、実際細かいことで「あの人のやり方が好みに合わない」、自分のスケジュールに合わない、一歩踏み出すのに億劫だ…等で、結局なかなか集団活動も上手くいかないモノです。

 お仕事でもそうです。私も、子供が生まれてから、会社員で居続けることに限界を感じ、独立出来るような資格を取ろう!と、中小企業診断士を目指した訳ですが、初めは「一人の裁量でやりたい」ということが主な動機だったのに、いざ始めて見ると、確かに一人の裁量でできることには間違いありませんが、どんな事が起ろうとも、代替はきかず、同時期に二つの仕事は出来ず、仮に効率よく仕事を詰められたとしても、一人では売上の上限が決まってしまう…そう思って、最近はお手伝いしてくださる方にJoinしていただいています。が、自分が思っているほど、他人は思いを同じくしてくれないものだし、同じくしてもらおうと思ったら、十分な説明と、態度と、寛容さと、そして報酬や時間も必要、ということを痛感しております。

 経営相談をしていても同じです。「どうして私はこんなに発信しているのに、社員はついてきてくれないんだ??」という経営者さん、本当に多いですし、「一人でやり始めた仕事が大変になってきたので、数人でやるようになったけど、却って効率が落ちた」というお話も、よく聞きます。

 なぜでしょうか?

 それは、「共有すること」「体制を整えること」が、非常に高いレベルのことだから、だと思います。「みんな違って、みんな良い」と言われる時代。性格や価値観だけでなく、家庭環境や身体の健康度合いまで、違いが当たり前でそれを受け入れつつ、目的とゴールを共有し、高め合う組織を作ること。時には衝突したり、餌で走らせることもあるかもしれません。でも、いろんな試行錯誤を重ねてこそ、どこかでしっくり収まるところが見つかるのだと思います。難しいからこそ、みんなでチャレンジしてみる。その分、成功すれば喜びは何倍にもなって返ってくると信じ、今週も「共有」を追究し、「強い組織」作り目指して、がんばりましょうか!

众志成城 [zhong4 zhi4 cheng2 cheng2]

Comments