週刊コラム‎ > ‎

山は高く、水は険しく

2018/02/05 6:29 に Sae Goto が投稿
 2018年、明けたばかり!と思っていたら、既に二月。やろうと思ったことは沢山あるのに、なかなか進まなくて、ちょっと嫌になったりもする、今日この頃です。

 「一度決めたことを、そんな簡単に諦められるか!?」という自分と、
 「この判断とアクションが、あとあと命取りになる!すぐに決定して動かねば!」という自分。これはどちらも必要であり、どちらも時には捨てなければいけないものですね。「この場合は、かならずこう!」といったセオリーがあれば楽なのですが、そうはいかないのが、この世の常。諦めずに続けるか、とっとと諦めるか、誰も分るものではありません。結果として評論できたとしても。

 診断士の仕事もそうですが、パターン化できてしまうようなら、もう人である必要は無くなるのかも知れません。今の世の中なら、AI、ロボットといったところでしょうか。では、ロボットに勝って仕事を継続していく、となると、どうでしょう。それは、一般には面倒くさい、と思えるような人間関係をある程度組み入れている仕事こそが、人のためになり、人に評価され、結果として利益を厚くとれる事業なのではないか、と思います。(もちろん、部分的には十分効率化をした上で…)

 そう、そんなに儲かる話や美味しい話しはその辺には転がっていないのです。世の中の富豪さんや著名人と言われる方々は、たいてい凄い下積み経験をお持ちです。そして、いろんな荒波を超えてきたからこそ、その強みがあるのではないでしょうか。『山高水険(シャン・ガオ・シュイ・シィエン)』山は険しく、川も危険です。しかし、それを冒してでも、いろんな要素のバランスを取り、正しい小さい判断を重ねていけば、間違った道へは進まないでしょう。

 さらに山が険しく、川が危ないような状況でも、まずそれを無事乗り越えていけるだけの心の元気も必要です。心が病んでしまうと、判断も鈍ったり、シュリンクしたりしてしまうからです。普段の鍛錬と失敗からの立ち直り練習、しっかり積んで、お客様からも愛されるキャラに慣れるよう、毎日精進していこう!!と思う、2月初めのコラムでした。

山高水险 [shan1 gao1 shui3 xian3]


Comments