週刊コラム‎ > ‎

文殊じゃなくて、諸葛亮

2015/10/04 7:35 に Sae Goto が投稿

10月になりました。空気はすっかり夏から秋に入れ替わり、青空にたなびく雲もすがすがしいですね。近頃の小学校は公立でも三学期制ではなく、前期後期の二期制になり、10月後半から後期が始まるところも多いようですが、弊社も2年間のF/S(フィージビリティ・スタディ)期間を終え…といっても、登記上F/S会社の区別がある訳ではなく、私の頭の中のプランの話なんですが…いよいよ攻めに転じるときが来た、というイベントがあります。

 

チアーマンサポートのメンバーが増えました!!もともと、出産・育児を経験して、会社員で仕事をしていくことに限界を覚え、中小企業診断士の資格を取りました。しかし資格が取れたと思ったら海外駐在で予想外の経験をシンガポールと上海で積み、その後ようやく帰国して独立。「一人で育児をしながら裁量型の仕事をしたい。」という“希望”と、「コンサルティングそのものの需要は中小企業にとって然程大きくなく、それよりも一緒に事業をしてほしい要求が強い。一緒に事業をする方が、私にとっても個人事業主としてではなく、組織として大きくなれるかもしれない。」という“期待”の両方を併せ持ちながら、営業やコンサルティングにチャレンジしてきました。

 

すると、前者の“希望”は、子供の成長で育児の負担が徐々に小さくなり、希望度合(?)が少しトーンダウン、一方後者の事業への“期待”は、“確信”へと近づいてきました。そして育ててきた案件が複数成長してきたこともあり、一緒にその事業を育てて頂けるスタッフに来てもらう頃かな…と思い始めた次第なのです。アルバイトであれ、短期であれ、人を雇用する際、組織のリーダーとしてどうあるべきか、これまでコンサルしてきたことの実践が自分にも問われ、労基面での手続の知識も必要になってきます。これら全てを自分の経験値として取り入れると同時に、一人では考えもしなかったことを、立場や性別、年齢の違う人を集めることで、その人数以上のパワーを発揮していけるよう、尽力していきたいと思います。

 

さて、そのことを日本語では「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、中国語では「三个臭皮匠,赛过诸葛亮」(サン・ガ・チョウ・ピー・ジィアン、サイ・グオ・ジュ・グー・リャン:三人の平凡な能力の人間が集まれば、諸葛亮も超えることができる)と、文殊ではなく諸葛亮となっています。なぜ平凡な人が臭い皮の匠なのかは良くわからないですが、今までのチアーマンサポートになかったチーム力をこれから発揮していけるよう、がんばります!!今後共、何卒宜しくお願い申し上げます。

三个臭皮匠,赛过诸葛亮

 [san1 ge chou4 pi2 jiang4sai4 guo4 Zhu1 ge3 liang4]

Comments