週刊コラム‎ > ‎

一秒一刻

2018/07/03 8:17 に Sae Goto が投稿
 日本語でも「一秒一刻を争う」と言いますが、それに当たる中国語がこれ。「争分奪秒:ジェン・フェン・ドゥオ・ミィアオ」。文字通り訳すと、分を争い、秒を奪う。とてもワイルドな感じで急いでいるようですね。一分でも、一秒でももったいない!!そのぐらい何かの状態が深刻だ、とうことなんでしょう。

 しかし、現代を生きる私達は、別の意味で分や秒を争っている気がします。事態が深刻で、早く手を打たないいけないような「争分奪秒」ではなく、とにかく手が足りない。マルチな役割を期待される、そこで赤ちゃんを育てる母親のように、分刻み、秒刻みで次々とタスクをこなしていかないと、すぐに夜が来て、へとへとになって寝てしまう…でも夜中も何度も起きないといけない…といった感じでしょうか…。

 ここからは、自分への戒めですが、忙しくて分刻みの生活をしていると、三つ悪いことが考えられます。(もっとあるかも知れないけど、とりあえず、三つ)

  • 一つ目は、失敗やミスの増加です。慌てているので、見直ししない、できない。だから間違えやすい。その結果トラブルが起こっても気づかず、事が大きくなってから初めて知り、その後始末で勿体ないコストが…。
  • 二つ目は、自己研鑽時間の減少・消滅。仕事のためのお稽古事や体力づくりの時間はリフレッシュでもあり、必要な時間。そこも頑張って仕事してしまうと、自身のイノベーションができなくなってしまう。
  • 最後に、ゆっくり考える時間がなく、作業で終わってしまう、ということ。まずパパッとできることからやってしまうので、熟考が必要な仕事は後回し。ロボットやITに任せれば良い仕事を人が喜々としてやっているようでは、効率もちっとも上がらないですね。

 事務コストを如何に下げて、次の投資に回せる資金を蓄え、チャレンジを行なうのか。新しいチャレンジは体力もインスピレーションも必要です。日頃からカラダを鍛えて、ちょっとのストレスや失敗にもめげないココロとカラダを持ち続けたいですね。そうすれば…分や秒と正々堂々と戦えるかも!!

争分夺秒 [zheng1 fen1 duo2 miao3]

Comments